志布志のお茶

chabatake.jpg

志布志のお茶(しぶしのおちゃ)は志布志市有明地区を中心に、特産品として栽培しています。

全国第2位の茶の生産量を誇る鹿児島県(約9,000ha)において、志布志市は県内第2位となる1,200haの栽培面積を誇る大産地。

総合的病害虫・雑草管理(IPM)の導入により農薬使用量を低減したり、肥料投入量の低減に取り組むことで完成度の高い環境保全型農業を実践しています。

散水や強い風水圧を噴射する機械による害虫防除の目覚ましい効果により、農林水産省の環境保全型農業推進コンクールで表彰されました。

 
茶畑1.jpg
 

外部リンク

志布志アグリネットのお茶のページ



最終更新日時: 2014-11-22 (土) 14:29:50 (1667d)