志布志の大クス

志布志の大クス.jpg

国指定文化財 天然記念物 志布志の大クス 昭和16年11月13日指定

「志布志の大クス」は志布志町安楽の山宮神社境内の入口、鳥居の右側にある。

蒲生、川辺の大クスとともに県下の代表的大樹であり、その樹勢は旺盛で国内有数の大クスである。

この大クスは天智天皇の御手植えとの伝説を残しており、また明治26年に境内の左側にあった対の大クスが枯死した時、その根元より中世の墳墓と、蔵骨器と副葬品と思われる遺物が確認されており、この巨木の年齢推定の参考になると思われる。

幹形は不整で凹凸が多く、基部は地表から浮き上っているように見え、基部の内側は大きな空洞となり、大人が10人以上入れる広さである。樹上には、イワヒバ、キバナセッコク、ネズミモチ、トベラ等着生植物も多い。

 
 
 
 
大クス.jpg

安楽山宮神社に鎮座

志布志町安楽の山宮神社にある氏子のみなさんに愛されている「大クス様」。 その優しくも威厳のある佇まいに、訪れた方も黙って手を合わせています。

高さ23.6m、幹周17.1m、推定樹齢1000年の巨木で、「志布志の大クス」の名称で国の天然記念物に指定されています。

樹の付け根の中には2m四方ほどの空洞があって、中に入ると夏は冷んやり、冬は暖かく、オオクス様に護っていただいている感じで、とても落ち着くお部屋のようです。

今は網が張ってあり中には入れませんが、「昔はホームレスの方が住んでいた事もありました」と宮司様が教えてくださいました。

「志布志の大クス」の大きさ

目通し周囲 18.6m   目通し実尺 20.4m   根廻り 24.3m   根廻り実尺 40m   幹中央狭部周囲 8.85m

第1枝周囲 3.3m   樹高 22.0m   樹冠下面積 767.7㎡、   推定樹齢約 1300〜800年

所在地

  • 志布志市志布志町安楽1520番地
    大クス - 地図

施設概要

  • 定休日 : 無し
  • 営業時間 : 日没後は神様も大クス様もお休みになられますので、夜の参拝はご遠慮いたしましょう
  • 電話 & FAX : 無し


最終更新日時: 2014-12-18 (木) 12:01:51 (1642d)