志布志の田の神様

田の神様
白木八重の田の神様

志布志の田の神様(たのかんさあ)は、鹿児島県から宮崎県の一部にかけて主に田畑に存在する特色ある石像。

田のあぜ道に立つ、飯げや椀を持ち、こしきすを頭にかぶった田の神の像は現在も信仰を集めています。

素朴でユニークな自由奔放な形が田の神の石像の魅力です。

所在地

  • 主に田のあぜ道

外部リンク



最終更新日時: 2014-11-24 (月) 23:29:23 (1608d)