大隅半島

220px-Osumi_Peninsula_Kagoshima_Japan_SRTM.jpg

大隅半島(おおすみはんとう)は、九州の南端にある半島。

行政区域としては、鹿屋市、垂水市、曽於市、志布志市、曽於郡大崎町、肝属郡東串良町、肝付町、錦江町、南大隅町、鹿児島市の一部(桜島)、 宮崎県串間市、日南市の一部(旧南郷町)が属するものとされています。

地理

半島振興法の指定を受けている地域の面積は2,541平方キロメートル。総面積の65%が森林で占められている。 薩摩半島とともに鹿児島湾(錦江湾)を囲み、東岸は太平洋(フィリピン海)に面する。南端は佐多岬で、国際海峡の大隅海峡をはさんで大隅諸島と対峙する。西岸には桜島が陸続きとなっている。また、東岸には、内之浦湾、志布志湾といった入り江がある。

高隈山地が半島の北西を、肝属山地(国見山系)が半島の南東を、鰐塚山地が半島の北東をそれぞれ走る。中央部には肝属川の沖積平野とシラス台地の笠野原台地を中心とする肝属平野や鹿屋丘陵といった低地が広がり、地形的には北に隣接する都城盆地と連続している。

人口

半島振興法の指定を受けている地域の人口は314,200人(2000年国勢調査)。1955年の466,128人から32.6%の減少となり、鹿屋市の一部と日南市南郷町を除く市町が過疎地域に指定されている。

政治

衆議院小選挙区では鹿児島県第5区を構成する。鹿児島県議会の選挙区では鹿屋市、垂水市、曽於市、志布志市・曽於郡、肝属郡の5つに分かれている。

産業

農業、特に畜産が盛ん。大隅半島に隣接する宮崎県都城市とともに、日本国内の代表的な生産拠点のひとつとして機能している。

商業は鹿屋市を中心とするが、鹿児島都市圏や都城都市圏への流出もみられる。

行政区域

半島振興法における「大隅地域」の範囲。

  • 鹿児島県
    • 鹿児島市の一部(桜島)
    • 鹿屋市
    • 垂水市
    • 曽於市
    • 志布志市
    • 曽於郡大崎町
    • 肝属郡東串良町、肝付町、錦江町、南大隅町
  • 宮崎県
    • 串間市
    • 日南市の一部(旧南郷町)

マスメディア

大隅半島を対象とする新聞に南九州新聞、ラジオ局(コミュニティFM)におおすみ半島コミュニティ放送ネットワーク(FMかのや・FMきもつき・FM志布志・FMたるみず)がある。

地上波放送については宮崎県側で鹿児島県側の放送を、あるいは鹿児島県側で宮崎県側の放送も視聴・聴取できる地域が少なくない。特に宮崎県側のラジオ放送は鹿児島県側全域を公式にカバーしている。

出典

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目 「大隅半島」(2014年8月27日(水) 15:56 UTC)を素材として二次利用しています。



最終更新日時: 2014-11-15 (土) 08:57:06 (1618d)